忍者ブログ

広まったネット通販。配送の人手不足とはいうものの?

アマゾンジャパンの累計登録会員数は、1億人を超えます。日本人なら誰でも、本を買うため、CDを買うため、ミネラルウォーターを買うため、
画面をクリックしたことがあるでしょう。

その、年間40億個とも言われる、アマゾンジャパンの荷物を、ヤマト運輸と、日本郵政が配送しています。膨大な荷物の配送に加え、ヤマト運輸と、日本郵政は、アマゾンのサービスの1つである「時間指定配達」を達成するため、配送員の法定休憩時間を無視してでも、時間通りの配送をしています。

さらに世の中人手不足です。低賃金、長時間労働、きついノルマのため、配送業は、敬遠される業種の一つです。ヤマト運輸は、人手不足や、経営内容の改善のため、送料の値上げに踏み切りましたが、配送の現場の大変さは、金銭面でも、労働面でも、それほど変わっていないようです。

荷物の数が多くて、人出が足りないという中、筆者はこんな体験をしました。ある日、CDを1枚だけ買いました。いつもなら、日本郵政が、メール便をポスト投函してくれて終わりです。

筆者も時間に縛られなくていいし、配送業者さんも、再配達の可能性のない仕事です。ところが、アマゾンのページを見ると、配送業者がヤマト運輸になっており、受け取りのサインが必要な配送になっていました。

筆者は慌てて、ヤマト運輸に連絡して、配送時間を在宅時間に変えてもらい、配送日当日、待つこと1時間。届いたCDは、メール便の梱包をされた、CDでした。これは、アマゾンのミスです。

ポスト投函で終わる荷物を、受け取りのサインが必要な荷物にしたのです。
筆者は時間を縛られ、不便な思いをしました。ヤマト運輸も、わざわざ在宅時間に配送して、余計な手間を取らされました。

人手不足の世の中で、配送業者ばかりが苦労させられていますが、1人正義面している、アマゾンジャパンの仕事にも、問題があるようです。
PR

以前使っていたパソコンのOSが動かなくなりました。

以前の自宅用パソコン(windows7 Lenovo製)が、フリーズを起こした時に、強制終了させて、また再起動をさせました。OSは立ち上がったのですが、完全に立ち上がるわけではなく、キーボードの日本語モードや、無線LANなどOSの主要な部分が損傷してしまいました。

しかも、OSが立ち上がりきるのに4、5分かかります。何回かシャットダウンして再起動を繰り返してみましたが、結果は同じでした。損傷が起こる前にインストールしていたソフトウェアは、立ち上がり機能しましたが、元から入っていたカーネル部分が動きません。

OSが部分的に損傷を起こすことは今までになかったことなので、よくわかりませんでした。現在使っているパソコン(windows10 TOSHIBA製 core-i3)は、3年前にAmazonで購入したものです。最初の頃はwindows7だったのですが、windows10の無料期間中にアップデートしました。

しかし、このパソコンも1年くらい経過した後、内蔵用のDVDマルチドライブが壊れたせいか、機能しなくなりました。DVDを中に入れても、音がするだけで、やがてその音もなくなり、DVDの反応がない状態になりました。

ドライブは認識している状態ですが動きません。仕方がなく、3,000円くらいのパソコン用のポータブルDVDプレーヤーを購入しました。

パソコンでインターネットからビットコインができる時代

インターネットが当たり前になった近年では、ご家庭に一台どころから端末としては色んな媒体がありますので一台どころの話ではなくなりました。

そんな中パソコンは安定の使い勝手ではありますが、せっかく所持してるのであれば何か目新しいことを初めてみるというのも人として当たり前の考え方だったのかもしれません。

私がパソコンで何かできることを探してたとき丁度去年の話になりますが世間でも話題になり始める前くらいからビットコインには目を向けてました。当時はまだ30万台で思い切ってcoincheckに登録をして、ただこうしたことは初めて不安はありましたが5万円が10万になり200万台に差し掛かったときは驚きの70万円にもなってたんです。

実は200万円台でビットコインを思い切って利確した私ではありましたが、実際にもっと寝かせておけばよかったとそのときは本当に後悔の連続でしたけど蓋を開けて見れば今やビットコインは70万円台にまで下がり利確してて正解だったと思います。

丁度利確してからすぐに問題が発生してcoincheckどころかビットコインも大丈夫なのかと思いましたがパソコンでインターネットを通して情報収集して今後の仮想通貨はまだまだ大丈夫なんだと分かりましたので、またビットコインが70万台に差し掛かったところで購入してる私でした。

「KP41病」というパソコンの問題について

私は、windows10のパソコンを使用しております。私がパソコンを最初に購入して、起きた問題について話したいです。まず、最初にパソコンをセットアップして使えるようにして、このパソコンはいいかなと思っていました。

しかし、頻繁に突然再起動する問題が出てきました。私はそんなにパソコンに詳しくないので、サポートの方に電話をするのですが、言われたことをやっても直りません。

仕方がなく、自分で調べてやっていましたら、「KP41病」というものがあるらしく、それだな。と目ぼしをつけました。いろいろ、インターネットを調べてみて、「高速スタートアップ」というものをオフにしたら良いみたいなことが書いてあったので、試してみました。

すると、ウソのようにパソコンが再起動しなくなりました。今回は、パソコンが直ったから良かったですけど、そもそも、パソコンのパーツが壊れていたり、OSに問題があったりしたら、お手上げです。

ですから、今回の私の例のようなものは運が良かったとも言えます。できれば、メーカーさんになんとかしてもらいたいと思いますが、なかなかそうも言えないみたいですね。

でも、今回の問題でパソコンにそんなに詳しくない人でも、インターネットを見て、探せば対応策は載っていることもあるんだなと感じました。

電源チェッカー

今まで電源のチェックに


これを使ってたんですね。



こんな感じで。


まあ動作するかどうかのチェックのみになります。


サイズ PC電源テスター パワーテスター4
ATX電源動作確認用 PTESTER4

なるものがあるのを知り、安いし今度買い換えようと思っております。

電圧チェックまでできて、他のあらゆるコネクタのチェックもできるようで、
今まで光学ドライブでコネクタを一つ一つチェックしていたのがバカらしく
思えてきます。

CPUがパソコンの頭なら、電源はパソコンの心臓ですからね。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12
16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R